苦手な人とは仲良くするべきか、しないべきか?

f:id:Hm88100608:20200125154859j:plain

 

苦手な人との正しい接し方とは?

 

こんばんはキャベ太です(@yakisobaboya)

 

皆さんも生きていれば周りに一人は苦手な人や、嫌いな人がいると思います。

 

そんな人とはどう接すればいいか、悩むものですよね。

苦手な人でも仲良くするべきなのか、しないべきなのか?

 

今回はそんな所をお話ししていこうと思います。

 

 

人の性格は多種多様

 

f:id:Hm88100608:20200125155132j:plain

 

 

言うまでもなく世の中にはいろんな人が存在しますよね。

 

例えば

 

・年中病んでいる人

・常にイライラしている人

・人の悪口しか話題がない人

・依存体質な人

・仕事が大好きな人

・冗談が通じない人

・自分の事しか考えていない人

 

上記のように人の性格なんて多岐に渡ります。

それぞれの考え方があっていいと思いますが、僕はこれらの人全員が分かり合うのは無理だと思っています。

 

学生時代の友達等でも、自然とフィーリングが合う人同士が集まると思います。

僕の場合なんとなく喋ってみたり、 雰囲気で「気が合うなー」と思った人とだけ仲良くしようと思います。

 

第一印象で、「なんか無理だなー」と思った人と無理して飲みに行って見た事もありますが、楽しかった試しがありません。

 

一時的に案外遊んでみれば楽しいかもとか思うこともあったりしますが、やはりずっと付き合っていくとどこかで最初で感じた違和感が再発します。

 

やはり一緒に過ごすべきなのは第一印象で「気が合うなー」と思った人だと思います。そうでない人からは、そっと距離を置きます。

 

 

ネガティブな人とは付き合うな

 

f:id:Hm88100608:20200125155456j:plain

 

ネガティブ系の人と付き合っていると、自分までネガティブになってくるし、 いい事はないと思います。

 

昔は自分もかなりネガティブな性格だったのですが、いろいろな辛い経験や、様々な人と出会った事で今ではかなりポジティプな性格になりました。

なので、一時期は「ネガティブな性格の人も勇気付けられるはずだ」と思い込んで、積極的にコミュニケーションを取っていましたが、それは勘違いにすぎませんでした。

 

悲しい事にネガティブな人の事をどれだけ励ましても無駄でした。

むしろ励まそうとすればするほど空回りしてしまいました。

そして何より話しているとイライラして来る事に気づきました。

 

ネガティブな人って自分の内面にだけ問題があるんじゃなくて他人にまで不快感を与えちゃってるんですよね。

自分も昔は他人をこんな気持ちにさせていたのかと思うと、恥ずかしくなりました。

 

結論、きっと理解できるとか、分かり合おうと努力するとか時間の無駄だと思います。

人生は短いですから、そんなストレスを感じるような事に時間を割く理由なんてありませんから。

 

僕は世界中の人みんながポジティプになるそんな社会を望んでいますが、それはSNSやブログで個人にではなく不特定多数に自分の考えを発信していくのが一番の近道なのかなと思いました。

 

個人に向けて意見を発してしまうと、受け取る側もどうしてもマウンティングを取られた気分になっていい気がしないのかなと思います。

 

僕自身もメンタリストの DaiGoさんのニコ生でかなり勇気づけられたので、自分もそんな風に他人の人生を後押しできればと思い、このブログを初めTwitteryoutubeで発信をしようと考え始めました。

 

コミュ障でも5分で増やせる超人脈術

コミュ障でも5分で増やせる超人脈術

 

 

 

嫌いな人とどうしても付き合わなければいけない

 

ではどうしても、苦手な人と付き合わなければいけない場合はどうすればいいのでしょうか?

 

「Aちゃんは好きだけどBちゃんは嫌い、Bちゃんとは遊びたくないけど、 Aちゃんと遊ぶ時はBちゃんがいる。」

 

みたいなパターンです。

これはだるいですよね。

 

常に一緒に仕事をしている上司が苦手な人とかだとこれはもはや逃れようがありません。

 

それではここからは、どうしても嫌いな人と付き合わなくてはいけない場合どうすればいいのかという事について説明していきたいと思います。

 

 

相手の良い所に目を向けてみる

 

その相手の事が一度嫌いだと思い込んでしまうと、拒否反応を起こしてもっと嫌いになってしまうという事があります。

これをカラーバス効果といい、一度意識したものは目に入りやすくなるという心理学です。

 

例えば

 

頭の中で一度ピンク色のイルカを想像してみてください。

想像したら、次はピンク色のイルカの事を考えないようにしてください。

 

このように言うと、人は却ってピンク色のイルカの事ばかりを考えてしまうものです。ではこのような時にはどうすればいいのでしょうか?

 

それは全く別の物を想像することです。

 

黄色のクジラでも紫色のラクダでもなんでも構いません。

そうすると、人はピンク色のイルカの事は忘れてしまい、黄色のクジラの事を考えるようになるのです。

 

嫌いな人の嫌いな所を意識してしまうと、嫌悪感に変わってしまいます。

どんな人にも必ずーつは良いところがあるはずです。

少し難しいかもしれませんが、嫌いな人の良いところを見つけ出してそれを意識するようにしてみるといいかもしれません。

 

 

無理に避けようとしない

 

嫌いな人が接触してくると、どうしても避けようとしたり、無視をしたり、冷たい態度をとってしまいがちですが、こうすると却って関係がこじれてしまい、余計に気まずくなってしまいます。

こちらから接触する必要は全くありませんが、挨拶をする、話しかけてきたら相槌くらいは打つ、特別な事は一切する必要はありませんが、当たり前の事だけはは当たり前にすると割り切ってしまえば少しは楽になれるのかなと思います。

 

 

以上です。

 

結論を言うと、僕は嫌いな人とは関わる必要が無いのであれば、一切関わる必要は無いと思いますが、どうしても関わらなければいけない状況であれば、嫌いな部分をなるべく意識せず、下手に避ける事はせず、割り切った関係を作るのが一番だと思います。

 

嫌いな人や苦手な人を懲らしめてやろうとか、勝ってやろうとか考えるのは本当にナンセンスですし、一番いいのは上手くコミュニケーションをとって攻略することですよね!