川村元気さんの「世界から猫が消えたなら」を読んで見た

 

世界からもし猫が突消えたとしたら

この世界はどう変化し僕の人生はどう変わるのだろうか。

世界からもし僕が突然消えたとしたら。

この世界は何も変わらずにいつもと同じような明日を迎えるのだろうか。

 

今日は最近読んでとても面白かった本

川村元気さんの「世界から猫が消えたなら」を紹介します。

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

 

  

この物語は作者の川村さんが、幼い頃に飼っていた猫が突然姿を消した体験と大人になってから携帯電話をなくした体験談から想像され執筆された作品です。

基本的にはファンタジーなんですが、ドキュメンタリーであり、温かくて切なくて

読者の誰もが自分に置き換えて考える事が出来る物語です。

 

僕も読むまで知らなかったのですが、佐藤健さん主演で映画化もされていたみたいです!

 

 

世界から猫が消えたならあらすじ

 

この物語の主人公(僕)は一匹の猫と暮らしどこか寂しい生活を送っている30歳郵便配達員の男性

余命が1週間である事を宣告され絶望する(僕)の前に(僕)とそっくりな姿をした悪魔が現れ、世界から何かを1つ消す毎に寿命を一日だけ伸ばす事が出来るという取引が行われ、これに乗った(僕)は始めに電話を消す事と引き換えに寿命を伸ばす。

最後に一度だけ電話をかけていい事を許されながらも自分にとって本当に大切な人は誰なのか分からなくなり、悩んだ挙句電話をかけた相手は三年前に付き合っていた彼女。

そこから物語が展開されていく

 

そして電話が無い世界が始まり

電話が無くなる事によって起こりうる弊害そして大切な事に気付いていく。

  

それから(僕)は寿命を延ばす事と引き換えに世界から何かを消していく。

 

世界から何かが無くなる度に起る弊害そして人々が忘れていた大事な事に気付いていく

 

そしてある日悪魔がこの世界から消そうと提案してきたのは「猫」。

 

世界から「猫」が消えたなら?

 

 

感想

 

この本は現代版の聖書なんじゃないか!!

思わずそんな感想を抱いてしまいました。

聖書に書いてある哲学が物語の中につまっている

そんな感じです。

  

仮に自分の命が後1週間だとしたらどうやって過ごすだろう?

自分に重ねて考えた時、色んな事を思いつきました。

でもそこで思いついた事は全て今すぐ出来る事で、本当は今すぐやるべき事ばかりでした。

 

自分にとって本当に大切な人は誰なのか?

本当に大切な時間はどんな時間なのか?

そんな事は本当は分かっていながらも後回しにし、目の前のどうでもいいはずの事に終われて続けていたんだなあと思わされました。

 

忙しくて目まぐるしい現代社会だからこそ、大切な物事は忘れずに生きていかなきゃいけないんじゃないかな?

 

 

 

読めば改めて自分の人生について考えさせられ、僕と同じようにどこか切なくて暖かい気持ちになるはずです。

 

 

 

 

 

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)